株式会社 島村工務店 環境事業部|防鳥・防獣対策|忌避剤|防鳥ネット・ワイヤー|ハチの巣駆除|愛知県豊田市|

 

ハト害について

 

ハトの害について

ハトの害について
 
ハトは【食欲旺盛・群れて行動・繁殖力が強い】という特性を持つ鳥類です。
ハトは平和の象徴とも言われいますが、騒音被害をはじめ糞害、病原菌により致命的な病気になることもあるのです。ハトをはじめとした鳥類被害の知識を持っておきましょう。
 
強い繁殖力
ハトの繁殖は年に4~5回といわれており、1度に2個の卵を産みます。特に春先が発情期ですが、その他の季節でも交尾するため1年中卵を産みます。
 

鳥類によって運ばれる(伝染する)代表的な病気

鳥類によって運ばれる(伝染する)代表的な病気
 
サルモネラ中毒
サルモネラ中毒とは、腹痛・下痢を伴う発熱を引き起こし、高熱が出る場合もある病気です。 一般的には、ネズミ等の排泄物から感染する場合が多いのですが、ハトの中にサルモネラ菌を保有している場合(約2%程度)がありハトの糞から食中毒が起こることもあります。
 
クリプトコッカス病
クリプトコッカス病は、ハトの糞に含まれるカビの一種が原因といわれる病気です。 大気中に拡散されるカビを人間が吸い込むことで発病し、軽傷の場合は皮膚炎等の症状で済みますが、重傷の場合、特に脳に感染すると脳炎・髄膜炎を発症し発熱・記憶障害等の症状が出ます。
 
オウム病
オウム病は一般的に鳥類に感染する病気です。ハトの糞等に含まれるウイルスにより人間に感染することもあります。 軽傷の場合は風邪に似た症状がでます。重傷の場合は、肺炎に似た症状がおこります。
 
ニューカッスル病
ニューカッスル病とは、多くの鳥類が病原菌を持つといわれています。 呼気沫や外部寄生虫の媒介によって発病し人間に感染した場合は、一般的に、急性類粒結膜炎を発症することが多い病気です。
 
ヒストプラズマ症
ハトのフンに空気中の胞子が落ち、温度・湿度などの条件がそろうと急に増殖したカビの一種から発病し、人が触れてしまうと感染してしまい肺結核に似た症状が起こります。
 

騒音被害

騒音被害
 
ハトが集まったりする時や繁殖期に鳴声や羽音による騒音被害によりストレス障害等を起こす場合があります。
 

糞(フン)の汚染被害

糞(フン)の汚染被害
 
ハトは食欲が旺盛なのでもちろん排泄物が多いのです。ハトをはじめとした鳥類の糞は酸性が強い為、洗浄することが困難で長時間放置すると金属類が腐食するおそれがあります。
株式会社 島村工務店
環境事業部
〒471-0002
愛知県豊田市矢並町広畑846番地8
TEL:0565-80-0599
FAX:0565-88-5070
------------------------------
<事業内容>
・建設業
・鳥害(カラス・ハト等)防止商品
 の施工・販売・保守
<免許・資格>
愛知県知事許可(特-28)第46762号
------------------------------
013402
<<株式会社 島村工務店>> 〒471-0002 愛知県豊田市矢並町広畑846番地8 TEL:0565-80-0599 FAX:0565-88-5070